治療紹介

2014.05.27更新

今回は、他院にて脾臓に腫瘍がみつかり、

当院に転院してきた、

リオちゃんのケースをご紹介します。



健康診断中に、脾臓に腫瘍が見つかったそうで、

手術を勧められたけれど、

諸々の事情で不安があるとの事で当院を受診されました。


早速エコー検査をしてみると・・


  

黄〇の部分が脾臓の腫瘍部分で、直径はおよそ2センチ。

中は血行豊富で、画像だけだと血管腫や血管肉腫の疑いもありそうでした。

心臓にも少し異常があるようで、

もしも血管腫系の腫瘍だとすると、心臓への転移の心配もあるため

よく話し合った上でやはり摘出する事になりました。





これはお腹を開けたところです。

赤いかたまりが脾臓ですが、全体にむくんでいるようです。




腫瘍部分も見えました。

周辺の組織と癒着したりせず、

きれいな状態だったので摘出は問題なさそうです。




超音波を利用したシーリングという手法で脾臓を摘出しているところです。

従来ですと、脾臓にたくさん出入りする動脈や静脈をそれぞれ、

手作業で結紮>離断を繰り返していかなければならず、

手術時間もずいぶんとかかったものですが、

この機械があるとうんと短い時間で手術を終われるので

身体への負担も少なくて済みます。




摘出した脾臓と





病理画像です。

 自己壊死後のリンパ球を貪食するマクロファージが散見されるほか、
 形質細胞の分布が目立つなど
 一種類の細胞ばかりが敷石状に増殖するような、
 リンパ腫を疑わせるような所見は得られない。

                                   (難波病理)

との事で、

悪性の腫瘍ではありませんでしたから、ひと安心です。

先日、無事に抜糸も終えて、今のところ問題もなさそうですが、

今後は術前に発覚した心臓の病気について、

細かくケアしていかないといけません。

投稿者: 博多北ハート動物病院

2014.03.29更新

こんにちは。

今回は、誤食のワン子です。



名前はダニー君、生後8か月のキャバリアの男の子ですが、

はじめ、前日から何度も吐いているとの事で来院されました。

普段から色々と・・・イタズラ好きな子の様で、

何か詰まってるかも知れないため、造影検査をしてみる事になりました。



これは造影前のレントゲン写真です。

はっきりと判るような「異物」は写ってません。





これは、造影剤を飲ませた直後です。

直後なのでまだ、造影剤が食道にも少し残ってます。



このあと、定期的にレントゲンを撮っていって、

造影剤の広がり具合、進み具合をみて

レントゲンには写らない異物を検出したり

腸壁に潰瘍や腫瘍がないかを検査していきます。

そして、3時間以上経っても造影剤はダニー君の胃から出ていかず

これはやはり、何かが胃の出口に詰まっているのだろうと

この時点で試験開腹を行う事になりました。



午後の診療の後、

造影検査を始めてからおよそ7時間ほど経ってましたが

手術に入る前にもう一度、念のためにレントゲンを撮ってみました。



やはり造影剤は胃の中に広がってはいるものの

そこから先へは行ってません。

やはり「何か」が詰まっているようです。




麻酔をかけて、お腹を開いて

腸を調べてみると・・・



場所は十二指腸、

白矢印の間、「腸閉塞部分」と書かれた約20cmに渡って

ヒモ状の「何か」が詰まっているようで

どす赤く、正常な箇所に比べて3倍以上に腫れあがっていました。





場所が十二指腸である事と、触ってみると案外と中が動くので

そのまま胃まで誘導して

腸切開ではなく胃切開で取り出す事にしました。







出てきたものは見てのとおり

シャツ?かなにかの切れ端でした。

これが写真上のように棒状になって詰まってたんですね

布きれとかをいたずらする子はよくいますが

これ、広げると実際には30x30cmくらいありましたから

さすがに通らなかったようです。



今回の手術では、たまたま胃切開でアプローチできましたが

腸を切ると術後72時間は絶食になるのと、

その後もゆっくりと固形食に戻していかなければならず

どうしても入院期間が長引いてしまいますが、

胃切開の場合は、

24時間後には流動食からですが食べさせる事ができるので

比較的早く退院させる事ができます。

この子も、術後の経過はすこぶる順調で

手術の翌々日には退院していきました。


ただね・・・

この「誤食」ですが

お財布に痛い思いをした飼い主さんは懲りても、

実際にお腹を切られて痛かったはずの本人が懲りる事はまずありませんので^^;

一度やらかした子は何度でもやると思いますから

くれぐれもご注意を!



投稿者: 博多北ハート動物病院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

  • 院長からのお便り
  • STAFF BLOG
  • 治療紹介