治療紹介

2018.02.17更新

よく、ワン子の飼い主さんからご相談されるのがこの、

涙やけです。

この涙やけ、原因は様々。

細菌性やアレルギーなど、眼周囲の炎症が原因だったり、

生まれつきの眼の構造の問題で涙のはけが悪くて絶えず溢れるケースや

フードが合わなくて涙の性質が変化してしまっていたり

中には水分の不足や運動不足が原因で代謝不良を

起こしている事が大元の原因だったりすることもあります。

 

涙やけの改善にはまず、

たっぷりの水分と、十分な運動を心がける事。

それでも改善しない時

例えばあるフードに変える事で涙やけが改善していく事があります。

 

茶々全身pre

この子は茶々といって、

とある事情でうちの居候になってる子です。

なかなかに可愛い、おすまし顔してますが・・・

目元を拡大してみると

 

茶々目元pre

毛色が黒なんでちょっとわかりにくいですかね?

目元にたんまりと目やにがこびりついていて

こげ茶色の涙やけがしっかりと。

 

この子に限らず、病院の居候達はどうしても運動不足になりがちで

この子も、必ずしもベストな飼育環境とは言えません。

涙やけもそのへんに原因の一端がありそうですが

そうすぐに改善できる事でもなく・・・

そこでフードを

アミノペプチドフォーミュラというアレルギー用のフードに変えてみました

このフードで涙やけが治った!

という情報を頂いたので、ちょっと試してみようと。

 

およそ1か月半、これだけを与え続けた結果

茶々目元post

茶色い色素はまだ残るものの

だいぶ改善してます。

目元なんかは、びっしりこびりついてた目やにがなくなって

すっきり!

 

茶々全身post

美人さんになりました ?

 

投稿者: 博多北ハート動物病院

2016.05.26更新

よろしく、お願いします!

投稿者: 博多北ハート動物病院

2016.03.11更新

今回は、どこの動物病院でも最も多く執刀されている不妊手術のご紹介です。

至ってベーシックな手術でもあり、

わざわざとりあげてご紹介している動物病院はあまりないかも知れません。

なので、わが子の手術を希望したものの、果たしてどんな手術なのか

不安に思う人もいらっしゃるかも知れませんね。

ベーシックな手術ではあるものの、複数の術式があり、

細かい部分まで指摘すると千差万別。

あくまで当院での術式について、ご紹介しますので、ご参考まで。



さて、今回は猫の避妊手術です。



麻酔して、手術の用意が整ったところですね。




皮膚を切皮したところですが、赤丸の部分を拡大します



猫の皮膚はとてもしなやかでよく伸びるため

この程度の切皮でも十分に手術が可能です。

もちろん、多少のテクニックと経験は必要です。



腹筋を切開して、まず術者からみて向こう側、左の卵巣を露出させます。

この子はすでに発情が来ていたので卵巣が大きくなり、

子宮角も少し太くなってます。

卵巣の下側で、卵巣堤索や血管と一緒に結紮して切り離します。



左右の卵巣を切り離した後、子宮体部で結紮して

子宮を切除します。

この時子宮を残さないように、できるだけ子宮頸管に近い部分で

結紮を心がけます。



腹筋をアレルギー反応を起こしにくいタイプの吸収糸で縫合します。

さらに、同じく吸収糸で皮内縫合を施して



終了です。

5mm程度の切皮でも猫の皮膚はよく伸びるため

最終的にはおよそ1cmくらいの傷になります。

これくらい小さい傷になると、万が一舐めてもほとんど開くことはありませんし

そもそも傷を気にする子が少ないので

当院ではよほど神経質な子じゃない限りはカラー等お出ししてません。

もちろん、ご希望があればお出しする用意はあります。

投稿者: 博多北ハート動物病院

2014.05.27更新

今回は、他院にて脾臓に腫瘍がみつかり、

当院に転院してきた、

リオちゃんのケースをご紹介します。



健康診断中に、脾臓に腫瘍が見つかったそうで、

手術を勧められたけれど、

諸々の事情で不安があるとの事で当院を受診されました。


早速エコー検査をしてみると・・


  

黄〇の部分が脾臓の腫瘍部分で、直径はおよそ2センチ。

中は血行豊富で、画像だけだと血管腫や血管肉腫の疑いもありそうでした。

心臓にも少し異常があるようで、

もしも血管腫系の腫瘍だとすると、心臓への転移の心配もあるため

よく話し合った上でやはり摘出する事になりました。





これはお腹を開けたところです。

赤いかたまりが脾臓ですが、全体にむくんでいるようです。




腫瘍部分も見えました。

周辺の組織と癒着したりせず、

きれいな状態だったので摘出は問題なさそうです。




超音波を利用したシーリングという手法で脾臓を摘出しているところです。

従来ですと、脾臓にたくさん出入りする動脈や静脈をそれぞれ、

手作業で結紮>離断を繰り返していかなければならず、

手術時間もずいぶんとかかったものですが、

この機械があるとうんと短い時間で手術を終われるので

身体への負担も少なくて済みます。




摘出した脾臓と





病理画像です。

 自己壊死後のリンパ球を貪食するマクロファージが散見されるほか、
 形質細胞の分布が目立つなど
 一種類の細胞ばかりが敷石状に増殖するような、
 リンパ腫を疑わせるような所見は得られない。

                                   (難波病理)

との事で、

悪性の腫瘍ではありませんでしたから、ひと安心です。

先日、無事に抜糸も終えて、今のところ問題もなさそうですが、

今後は術前に発覚した心臓の病気について、

細かくケアしていかないといけません。

投稿者: 博多北ハート動物病院

2014.03.29更新

こんにちは。

今回は、誤食のワン子です。



名前はダニー君、生後8か月のキャバリアの男の子ですが、

はじめ、前日から何度も吐いているとの事で来院されました。

普段から色々と・・・イタズラ好きな子の様で、

何か詰まってるかも知れないため、造影検査をしてみる事になりました。



これは造影前のレントゲン写真です。

はっきりと判るような「異物」は写ってません。





これは、造影剤を飲ませた直後です。

直後なのでまだ、造影剤が食道にも少し残ってます。



このあと、定期的にレントゲンを撮っていって、

造影剤の広がり具合、進み具合をみて

レントゲンには写らない異物を検出したり

腸壁に潰瘍や腫瘍がないかを検査していきます。

そして、3時間以上経っても造影剤はダニー君の胃から出ていかず

これはやはり、何かが胃の出口に詰まっているのだろうと

この時点で試験開腹を行う事になりました。



午後の診療の後、

造影検査を始めてからおよそ7時間ほど経ってましたが

手術に入る前にもう一度、念のためにレントゲンを撮ってみました。



やはり造影剤は胃の中に広がってはいるものの

そこから先へは行ってません。

やはり「何か」が詰まっているようです。




麻酔をかけて、お腹を開いて

腸を調べてみると・・・



場所は十二指腸、

白矢印の間、「腸閉塞部分」と書かれた約20cmに渡って

ヒモ状の「何か」が詰まっているようで

どす赤く、正常な箇所に比べて3倍以上に腫れあがっていました。





場所が十二指腸である事と、触ってみると案外と中が動くので

そのまま胃まで誘導して

腸切開ではなく胃切開で取り出す事にしました。







出てきたものは見てのとおり

シャツ?かなにかの切れ端でした。

これが写真上のように棒状になって詰まってたんですね

布きれとかをいたずらする子はよくいますが

これ、広げると実際には30x30cmくらいありましたから

さすがに通らなかったようです。



今回の手術では、たまたま胃切開でアプローチできましたが

腸を切ると術後72時間は絶食になるのと、

その後もゆっくりと固形食に戻していかなければならず

どうしても入院期間が長引いてしまいますが、

胃切開の場合は、

24時間後には流動食からですが食べさせる事ができるので

比較的早く退院させる事ができます。

この子も、術後の経過はすこぶる順調で

手術の翌々日には退院していきました。


ただね・・・

この「誤食」ですが

お財布に痛い思いをした飼い主さんは懲りても、

実際にお腹を切られて痛かったはずの本人が懲りる事はまずありませんので^^;

一度やらかした子は何度でもやると思いますから

くれぐれもご注意を!



投稿者: 博多北ハート動物病院

2014.02.03更新

今回は再び、唾液腺嚢胞のワン子のフクちゃんです。



前回の吉吉君と同じく、今回もダックスさんなのは、やはり好発犬種だからでしょうか。

開業前に勤めていた病院でこの病気で診ていた子達もダックスさんが多かったですし。




これは横から。

顎の下に大きな大きな、たぷんたぷんの袋がとっても邪魔そうです。



フクちゃん、これまでかかっていた病院で

定期的に中の液を抜いてもらっていたそうですが

溜まる速度が早くなってきたため

手術を希望されて当院にいらっしゃいました。

この病気は基本的には痛みもないため、

邪魔になるほど大きくならなければ様子を見てもいいと思いますし

一度抜くと、再発まで間が空くようなら、

時々穿刺して唾液を抜くという方法で維持するのもいいと思ってます。

ですがフクちゃんの場合、1週間もしたら写真の通り、大量に溜まってしまうので

これはさすがに、何かしら手を打たなければなりません。

初めは、ワン子の唾液腺症のうち内科治療に反応する子がいるので

先に内服でのコントロールを試してみましたが

ちょっと反応している印象はあるものの残念ながらコントロールには至りませんでした。

そこで今回の手術となったワケです。




これは、手術直前ですね。

これだけ大きな袋では、さすがにそのままというわけにもいかないので

まずはこの袋を摘出して、

次いで左右どちらか、今回の症状の原因となる側の

唾液腺(舌下腺と下顎腺)を摘出する事にしました。

まぁ、手術を進めていくうちに

この嚢胞が実は二つに分かれていた事。

左右の唾液腺両方とも腫れていた事。

などが判明して、結局は両方とも摘出する事になりました。



これは唾液腺(舌下腺と下顎腺)を取り出しているところです。

鉗子のもう少し奥まで、きれいに剥離して摘出します。




術後の経過も良く、

すぐは腫れていたお顔も、退院の時にはすっきりして

元気に帰っていきました。



あとは、この病気には残念ながら、ある程度再発の可能性があるため

これからしばらくは要注意です。






        


抜糸にきたフクちゃん。

術後の経過はすこぶる良好で、

ひとまずはもう大丈夫と、治療終了です。

投稿者: 博多北ハート動物病院

2014.01.30更新

こんにちは。

忙しさを言い訳に更新が滞ったまま、ずいぶんと間が開いてしまいました。

年も変わったことですし、心機一転

今年こそはサボらずにご報告していきます。



さて。

今回は骨肉腫のワン子、メグちゃんです。

チワワさんらしく、というか、怖がりなくせに甘えん坊な女の子です。

この子、年末に初めて会ったんですが、

その年の夏から「右の後ろ足がおかしい」という事で

他院でレントゲン等調べてもらうも特に異常がなかったそうで。。

そうこうしているうちに太もものあたりがゴツゴツしてきて

あっという間に





僕が診察した12月末には

左脚の2~3倍ほどにも膨れ上がってました。

右の写真は初診時の足の様子ですが、みるからにボコボコしていて

まともに歩ける状態ではありませんでした。










これはその時のレントゲンですが、

腫瘍に侵されてしまったせいか、

大腿骨が折れて、しかも半ば吸収されてしまっているようです。


この時点で、一番に疑ったのは骨肉腫ですが

いずれにしても、性質の悪い腫瘍には違いありません。

ただ、どんどん膨らんできているようですし、

骨折もしていては、普段の生活にも支障があるため

あまり長くはないかも知れないけれど、それだけに

苦しいとか痛いとか、できるだけ最後までそんな思いをさせないための手術を決断なさいました。



  














             
上の写真は初診から約10日あまり経った頃、手術直前のものですが、

わずか2週間足らずの間にも明らかに大きくなっていて、一部は破裂してしまっていました。




手術中、

できる限り筋肉と筋肉、筋肉と骨の接合部分で剥離して

離断していってるので、ご覧の通りあまり出血は多くありません。













これは足を離断したところで

真ん中の白い部分は股関節です。

関節内を削って、関節液が出てこないように処理をしてから

周りの筋肉や脂肪を使って包み込むように閉じていきます。









術後のキズの状態ですが、これからしばらくは、

漿液が溜まったりしやすいため、

術部の管理のために3~4日入院です。










   
離断した足です。

あちこちにボコボコと、膨れ上がっているのが判ります。

この足を丸ごとホルマリン固定して、

病理の先生にみてもらいました。








返ってきた答えはやはり、骨肉腫でした。

  
腫瘍細胞は周囲脂肪組織などに浸潤増殖しており、

脈管侵襲像も確認される。

長骨内においても腫瘍細胞の増殖が認められる。

腫瘍細胞は多彩な細胞形態をとり、核の腫大・大小不同が強く、

類骨産生(*)が確認される。
  (難波動物病理検査ラボ)

  



人間でもそうですが、骨肉腫は転移性の高い悪性腫瘍のひとつです。

多くの場合、肺に転移して最終的には亡くなります。

今後は、そうした肺などへの転移を警戒しつつ、抗癌治療を施していく事になります。


犬の骨肉腫の場合、断脚だけした場合の平均生存期間は約2か月で、

1年以上生きる子はいないという報告がありますが、

手術と併用してプラチナ製剤(カルボプラチン)を使うと平均生存期間は300日程に、

4割強の子が1年以上生きるという報告があります。

うちではさらに、副作用がでにくいと言われている、低用量での段階投与を行っています。





  

すでに抜糸も済んで、

この日は1回目の抗癌治療の日でした。

お母さんによると

おうちでは元気に飛び回っているそうで

少しでも長く、元気でいてもらうために

僕もできる限りの事をしていきます。

投稿者: 博多北ハート動物病院

2013.07.02更新

こんにちは。

ずいぶんと間が開いてしまいました。

何事も貯めこんでしまうのが昔からの悪い癖なので、これからは溜めないように、

逐一報告を心がけます <(_ _)>



さて、この子の手術は春先の頃・・

確か・・・5月だったかな ^^;

ずいぶんとお年寄りの柴さんで、ミルちゃんと言います。



これは初来院の時の写真なので、よ~く見ると右耳から何か出てますね。





ご覧の通り、右の耳を塞ぐように、大きな腫瘍ができています。

はじめ、飼い主さんとの相談の結果、

もうずいぶんな年齢なのと、恐らくは耳垢腺癌など、

あまり遠隔転移しにくい腫瘍だろうとの予測があったので

このまま付け薬や飲み薬で炎症を緩和させつつ、

耳周辺の消毒をしていこうという事になってましたが

腫瘍表面から絶えず分泌される粘液のせいで

耳の中も外もベタベタで汚く、かなり臭いもキツくなってきました。

飼い主さんから再度、なんとかならないかとのご相談を受け

できる限り最短最速で、対症療法的に炎症を起こしている腫瘍部分を摘出する

事にしました。


結果



こんな感じになりました。

念のため病理検査に出してみると案の定

耳垢腺癌との事でした。

当然、取りきれるはずもなく、今後は手術した痕から再度大きくなったり、

周辺にある小さな腫瘍が巨大化しないかなど

心配の種は尽きませんが・・・

粘液が出なくなって臭いもしなくなり、本人も痒がらなくなって楽そう

と、喜んでもらえました。

こういう、根治を目指すわけではなく、

あくまで症状の緩和と

本人とご家族の生活の質(QOL:Quolity of Life)を高め、

改善させる目的での手術を姑息手術と言います。

言葉はなんだか卑屈でネガティブな印象ですが

こういった処置で本人とご家族が満足できるのであれば

それも立派な治療だと思っています。

投稿者: 博多北ハート動物病院

2013.03.11更新

こんにちは。

ホームページ上でこの陰睾のお話をさせて頂いてから

陰睾の問い合わせが増えてきました。

今回は当院で5件目の陰睾手術です。



手術を受けたのはクッキーちゃん。



ちょっとビビリが入ってますが^^;

とってもフレンドリーな2歳のダックスさんです。





術前の状態ですがご覧の通り、睾丸は立派ですがひとつしかありません。

この子は以前から、身体検査では陰睾を全く触らなかったので、

恐らくはお腹の中だろうとお話していましたが、

麻酔をかけてみると左の鼠径部にしこりがあります。

これが鼠径部のリンパ節なのかはっきりと確信できなかったので

正常な睾丸を摘出したあと、まずは鼠径部のしこりを探ってみました。

しかしやはり、リンパ節だと確認できたので、次いでお腹を開ける事になりました。



画像はお腹の中にあった睾丸です。

いつも通り、精管を辿っていこうとしたところ、

精管が左右に分岐する場所に高度な変形が観察されました。

写真の、睾丸から向かって左側、約1cmほどの太い帯状の部分が、

いびつに変形して短縮した左側の精管の全長です。



お腹の中の、精管(黒矢印)と、精管が変形している部分(白矢頭)です。

左の精管は正常なので長さは10cm以上ありますが、

変形した右の精管(陰睾側)は太く短く、全長で1cmくらいしかありませんでした。





無事に摘出された睾丸です。

大きい方が正常な睾丸で、小さい方がお腹の中にあった睾丸です。

この子はまだ3歳前と若いですが、お腹の中にあった睾丸は

まだ癌化には至ってないものの、

病理検査では、先に紹介した5歳の子の睾丸と同じく、

セルトリー細胞しか残っていませんでした。

          クッキーちゃんの、一見正常に見える腺構造


ただ、著しく変形していた精管については、ただ萎縮しているだけで

特に問題はなかったようです。







        


      

投稿者: 博多北ハート動物病院

2013.01.31更新

皮膚にできる腫瘍には様々なものがあります。

そもそも、

皮膚の表面にできているのか?

皮膚の中にできているのか?

皮膚の下にできているのか?

これだけでもずいぶんと違ってきますが、そのあたりの詳しいお話はコラムの方で

いずれお話させて頂くとして。

今回は皮膚の下にできた腫瘍です。

今回の患者さんはペコちゃんという、柴の女の子です。



写真はちょっと緊張気味ですが、とっても人懐っこいワン子です。

さて、

なにやら、頭のてっぺんにしこりができているとの事で、

しかもそれがだんだんと大きくなってきているので心配とお父さん。

触ってみるとなるほど、大きさ1.5×3.5cmほどのおおきなしこりがあります。

場所が皮下組織に乏しい頭部なので、

しこりが皮内にあるのか皮下にあるのか判りにくかったですが

試験的に注射針で穿刺してみたところ

出てきたのはなにやら垢のような汚れのような。。

なので恐らくは毛包腫もしくは毛母腫と呼ばれる、

毛根が変化した良性の腫瘍であろうと判断できました。

良性の腫瘍なのでとくに悪さはしませんが、

今回はだんだんと大きくなってきているという事で

場所もあまり皮膚にゆとりのない頭部でもあったし

今のうちに摘出する事にしました。

例えば少し切開して絞り出せばしこりはなくなりますが

この手の腫瘍は袋が残っている限り何度でも膨らみますので

可能なら袋ごと摘出が望ましいです。



さて、手術中の紹介です。



かなり大きなしこりなのが判りますね。

皮膚とは独立しているようなので、皮下の腫瘍である事が判りました。

通常の毛母腫だと、

毛根がある場所が皮内なので腫瘍も皮内にできる事が多いんですが

この腫瘍は皮下にできていました。

なので、皮内であれば皮膚ごと摘出しなければならないところを

今回は皮膚は切開のみで腫瘍を摘出する事に。




露出させた腫瘍(嚢胞)です。

今回のケースでは、皮下はおろか、一応皮膚との連絡はあったものの

写真の嚢胞本体は実は、頭皮下の筋肉のさらに下にありました。

嚢胞の先端は管状の構造を持ち、耳の脇を通って顎下まで繋がっているようでした。

なぜこうなったのかは不明ですが、





嚢胞の中身はご覧の通り

垢や毛の集まりでしたから、この腫瘍の正体が毛包腫(毛母腫)であることは

間違いなさそうです。

投稿者: 博多北ハート動物病院

前へ

SEARCH

CATEGORY

  • 院長からのお便り
  • STAFF BLOG
  • 治療紹介